2013年12月01日

生きることに意味はない―「自己嫌悪」からの心理学

生きることに意味はない―「自己嫌悪」からの心理学 [単行本] / 矢吹 省司 (著); オクムラ書店 (刊)

ユニークな視点から書かれている。自分自身に否定的なイメージを持つ「自分が嫌い」な人がたくさんいる。
「自分には価値がない」
「何かにつけて後悔の念にかられる」
「死にたい」
「時々、淋しくてたまらなくなる」
「時代の波に乗り切れてないような気がする」
「プレッシャーに弱い」
「人から素っ気なくされるとその人から嫌われてるように感じる」「人の目を気にする」
「性格を変えたい」
「自分自身のイメージが曖昧ではっきりつかめない」
本書のアンケートから、こういった思いを抱えながら生きている人がこれだけ多いんだと励まされる気持ちになった。
「生きることに意味はない」「意味のない人生に生きる意味はあるのか」「いや、そうではない」というのが著者の言いたいことらしい。
posted by オクムラ君 at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。